住宅ローン相談所
相談・面談予約はまずメールか電話で!
ナヤミ サアキレイ
☎ 0120-783-391

相談の流れ


電話・メールでの相談

面談・打合せ(予約制)
(ローンの資料等お持ち下さい)

解決策実行のお手伝い
(専門家とのタイアップで安心)

実行成立で解決!
(新しい人生のスタートです)


過去の相談事例と解決策概要
住宅ローン返済が負担になってきたので、何か考えたい。








現在の状況


20年前に3,550万円で新築マンションを購入し、3,000万円のローンを組みました。
しかし、最近は実質給与は上がらず、逆に手取りは下がっていく状態です。
そのうえマンションの修繕積立金と管理費が値上がりしたり、子供の進学で教育費がかさみます。このままどうなるか不安です。

相談のご希望


このままでは将来の退職金は当てにできないので、可能であればこれから貯金を殖やしていきたいし、住宅ローンの返済を減らして、ゆとりがあるとまでいかなくても不安な生活を終わりにしたい。
今は低金利なのでローンの借り換えとかはできるでしょうか?
住宅ローン以外の借入はありませんし、少しですが貯金は今のところあります。

住宅ローン相談所のご提案

  1. 残債が1000万円以上で残期間が10年以上ありますので、現在の金融機関以外で2か所位から借り換えローンの見積りをとりましょう。
  2. その条件が良ければ今の金融機関に見積りを持って行って金利の引き下げを交渉してみます。
  3. 上手く行かなければ、見積りをとったどちらかの金融機関で借り換えを検討します。
    返済総額や毎月の返済額があまり下がらなかったり、借り換え手数料が高額過ぎるようでしたら改めてご相談下さい。
  4. できれば、ライフプラン表を作成して、家計簿の支払い費目の中で見直しできるものがないか確認し、総合的に毎月の支出を見直した方がいいと思います。  

結果


借り換えを進める方向で検討したいが、本当にこれでいいのか心配なのと、家計簿の見直しも同時にしたいとの事で当相談所での打合せをさせて頂きました。
打合せのなかで、自宅マンションの水回りが古くなってきたので、少しリフォームをしたいとのご希望もあり、リフォーム資金も含めた借り換えのお手伝いと、家計簿の見直しで生命保険の点検を行い、トータルで毎月の支払額を下げることができました。


離婚した元夫が住宅ローンを滞納したのでどうすれば?








現在の状況


離婚したが、小学生の子供1人と一緒にずっとマンションで住み続けている。
マンションのローンは元夫が養育費替わりに払ってくれていた。
元夫が連れ子のある方と再婚し、何かとお金が必要だと言ってローンを滞納し、マンションの競売通知が裁判所から届いた。

相談のご希望


どうしたらいいのか分からないので、1から教えてほしい。

住宅ローン相談所のご提案

  1. マンションの現所有者は元のご主人なので、ご本人の承諾を得て任意売却をする。
  2. 今後の養育費が支払われるかどうか保証はないので、任意売却での代金から賃貸住宅に移る為の費用を受け取る。
  3. 小学生のお子様の為に学区が変わらない範囲内で賃貸住宅を探す。

結果


任意売却も何とか期限内に成立し、当相談所でお手伝いをさせて頂いた賃貸マンションへ入居頂きました。


定年退職後、予定の70歳完済までローンが払えない。









現在の状況


会社を定年退職したが、退職金と年金や貯金で70歳まで払えると思って組んでいた住宅ローンが払えなくなってきた。
退職金も当初予定していた程貰えず、年老いた母の介護で予想外の費用がかかり、あと少しの期間で完済だが難しい。
いつまで生きるか分からないので貯金はなるべく取り崩したくない。
子供(一人娘)は海外勤務だし迷惑はかけたくない。

相談のご希望


年寄り世帯が生きていくのにどうしたらいいのか相談に乗って欲しい。

住宅ローン相談所のご提案

  1. 大きな家で皆さんが暮らさなくても、相応の広さの賃貸住宅で、年金の範囲内かそれ以下の家賃を支払う。
  2. 幸いローン残債と同じ位か少し多い位の金額で売却できそうなので、一般売却で検討する。
  3. 現在の住宅を賃貸に出し、家賃収入をローン支払に充てる。
    ただしご家族が住む借家の家賃が必要で、入居者がない場合は持ち出しが出たりするリスクの覚悟が必要。
    などの方法を提示させて頂きました。

結果


いっそのこと頭を切り替えるとの事で近くの公営住宅へ申込をされました。
ご自宅は、当相談所のお手伝いでローン残債整理と経費が賄える金額で売却できました。
売却先に交渉して住み続けるリースバックという方法もありましたが、広い家でもあり、家賃も少し予算オーバーの見込みでしたのでなるべく賃料が安い公営住宅を希望されました。


店舗付住宅での商売が苦しく住宅ローン返済が苦しい。









現在の状況


1階が店舗で2階と3階が自宅のいわゆる店舗付住宅で住宅ローンを払っている。
この所の不景気とデフレで売上が上がらず、子供の教育費や社会保険料が上がり、ローンの支払いが苦しい。
資金繰りが悪く。商売や生活費の為カードローンの借入もある。

相談のご希望


商売をしているので、今の店舗付住宅を手放すわけにもいかず、かと言ってこのままだと借入が膨らんで夜逃げになりそうだ。
何か方法はないか。

住宅ローン相談所のご提案

  1. 商売がV字回復する保証があればいいのですが、現状が続くとしてカードローンの借入も限界のようですから任意整理と任意売却をご提案しました。
  2. 商売を続ける可能性として、付近の家賃相場を調査すると現在のローン返済月額の半額近くのようです。
    なのでリースバックのご提案も致しました。

結果


色々迷っておられましたが、任意整理の為当相談所より弁護士事務所を紹介させて頂きました。
これでカードローン残債は圧縮されるでしょう。
月々の返済額も減額されて毎月の支払いがかなり楽にはなります。
任意売却も住宅ローン相談所がお手伝いさせて頂き、買い手のオーナーに了承頂いて商売の継続と住み続ける事が決まりました。
商売や家計簿からの支払いが楽になったとは言え、まだまだ予断を許さない状況なので引き続きフォローさせて頂きます。




相談される方々で全く同じ状況の方はおられません。皆さまそれぞれが悩まれています。
丁寧な相談員がお待ちしておりますので、手遅れにならないよう早い目に、そして勇気を持って無料ご相談のドアを開けて下さい。

フリーダイアル ☎ 0120-783-391 (ナヤミ サアキレイ)